MENU

日々の経費の仕分け業務も大変

キャリアカウンセラーとしての活動をメインに、クラウドソーシングやネットビジネスもしています。何も分からないまま始めているので、都度調べながら手探りでやっていくのが大変です。

 

日々の経費の仕分け業務も大変ですし、どの勘定科目にすれば良いか分からないものも多いです。

 

また、個人事業主としてのお金と個人のお金が混在するところの処理が1番手間でした。個人事業主でしているとはいえ、フルタイムで会社員としても働いているため、どうしてもお金が混ざってしまう時があります。最近になって「事業主貸」「事業主借」という言葉を知り、そこまで悩まずに帳簿をつけられるようになったのですが、例えば個人のSuicaを使って移動した時やお金を払ってしまった時に、どう処理していいのか分からず帳簿をつけてしまっていました。

 

まだ数が少ないのにも関わらず!こんなにも面倒なのかと思うと後が怖いです。会計ソフトはマネーフォワードのものを利用しています。ささやかな事業のため、どこかにアウトソースできるほどでもなく、まだそこまで領収書等も多いわけではないので、基本的には全部自分で作業をしています。毎日やる時間もないのと、まだそこまで処理するものの数が多くないので、溜まったタイミングで月2回くらいでまとめて帳簿付けをやることが多いです。

 

 

 

ただ、交通費等で領収書の発行が難しいものは、忘れないうちにすぐ出金伝票を書いて、そのまま帳簿につけるところまでやっています。あとから考えた時によく分からなかなりそうなものに関しては、ただ対応しています。
年末の確定申告も外部の人にお手伝いいただくことはありませんが、1人でやり始めてからなんとか今まででしています。マネーフォワードやフリーなどの会計ソフトは即導入して早めに使った方がいいと思います。後から導入すると溜まった伝票の仕分けが面倒で本当に嫌になります。つけるのが面倒であれば誰かにお願いするのも手だと思います。

 

 

また、会計ソフトはその人個人個人の相性もあると思うので、無料プランなどで複数試してみて選ぶのが良いと思います。私も去年と今年で使う会計ソフトを変えてみました。会計は事業の状態やお金の流れが分かるので1年は自分でやってみるといいと思います。稼いでるのであれば、2年目からは税理士をオススメします。

このページの先頭へ