MENU

会計に関しての苦労はソフトウェアを弊社用に開発することで軽減

システム関連の様々なエンジニア会社勤めの傍ら、個人事業主として、コンピュータシステムに関わる様々なエンジニアとして事業を始めました。

 

帳簿記入会計の一級資格を持っているので、会計知識に困ることは全くありませんでしたが、毎日毎日、お金の流れを把握し、銀行とやりとりし、発注側の方々とやりとりし、それらの全てを日々継続して、ミス無く漏れ無く帳簿に記載をし続けなければならない事が負担で、開発業務に専念したく初めた事業のはずなのに、知識も経験もある会計業務なのに、いつしかそれが煩わしく感じるようになっていました。
それら会計に関しての苦労はソフトウェアを弊社用に開発することで軽減できることはわかっていながらも、その開発に集中する時間が確保できずに苦労しています。

 

某社のクラウド会計を使用しつつ、自身でコツコツ作成している会計業務専用ソフトウェアを併用しています。

 

領収証の整理や発行は相変わらず面倒ではあるものの、ある程度自動化を行い、帳簿との付け合わせなども、自身で行います。

 

もともと会計知識も経験もあるので、ペースをつかんで波に乗ってくると、それほど苦痛ではなくなり、現在はだいぶ本業の開発業務に集中できるような環境が整いつつあると言えます。

 

申告等も含めて、会計事務所や代理店に依頼すると、良いカモとして扱われる事を知っているので、全てが自身で完結できる点は強みであり、事業を拡大する際にも利点があると思っています。

 

何より、余計な出費をしめる会計処理の金額を捻出することまで考えなくて良いのは気持ちも楽です。クラウド会計処理が注目されていますが、結局は、有料会員にならないと大した機能は利用できませんし、全く知識ゼロで良い訳でもありませんので、法律と会計に関しての知識は、少しでも持っている方が良いです。

 

弊社は、基本的なソフトウェアを自作してしまう為、おすすめのソフトウェアというものは具体的にありませんが、先ずは何よりも本人に知識が無いと何をどうしたら良いのかすら判らないと思うので、ソフトウェアを探す前に、せめて簿記三級くらいの知識はあった方が良いと考えます。

このページの先頭へ