MENU

個人でドライフルーツの製造、販売をしています。

 

私の夫の実家は果実の農業をしています。
卸販売はやっておらず、直売所のみで運営しています。

 

毎年繁茂期には、贈答用としてたくさんのお客様が箱に入った果物を購入していただいていますが、主に贈答用を扱っているため傷物は売り物になりません。
そこでいつもは廃棄となるはずの果物を、ドライフルーツとして加工し販売したらいいのではないかと思い個人事業を始めました。
売り上げは正直そこまで、だったので経理は自分で行いました。
税務署の、確定申告の説明会に足を運んでざっくりですが内容と用意する書類の種類などを学び、あとは会計ソフトを購入しパソコンに入力して行き作りました。
初年度は大変でしたが、次年度からは慣れてきてだんだん出来るようになりました。

 

会計ソフトは、MFクラウドを使って処理を行っています。
はじめの期間は無料で使えることもあり、なにもわからない状態でしたので、とりあえず…という気持ちでしたが使っていくうちに便利だなと感じそのまま使っています。
月ごとに、収入の控えと、支出の領収書を取ってまとめておき、一通りノートにも控えてから、会計ソフトMFクラウドの指示された項目に入力していけば自動的に計算し処理を行ってくれます。
また、パソコンを開かなくても、スマートフォンからでも操作出来るところも大変便利に感じています。
自宅でなくても、ノートパソコンを持ち歩いていないときでも、ちょっとした隙間時間に操作出来たりもし、使いやすいと思っています。

 

 

私のように、事業を始めたばかりでは多額の収入をいきなり得るのはなかなか珍しいと思いますので、面倒ではありますが自分でやられるのがいいかと思います。
まずは、やっぱり関連本を読んだり、税務署で開かれる説明会に参加して(たしか無料だったと思います)勉強されるのがいいと思います。
会計ソフトは、何社か見比べて、自分が見やすくて便利だなと感じたソフトを使っていき、不便が生じるようなら他のソフトに変えてもいいのでは。
事業の決済には、個人事業主用クレジットカードを使ったほうが、会計処理は楽ですし、キャッシュフローもよくなります。
MFクラウドだと、クレジットカードの利用分も吸い上げてデータ化してくれるので、おすすめです。

このページの先頭へ