MENU

労務関係の受託業務(個人事業主)で仕事をしています。

 

帳簿処理でまず一番悩んだり、調べたりして時間がかかり、その正誤がよくわからないのは勘定科目を何にするかです。
毎月決まりきった取引だけであれば迷うことは無いのですが、経理のことを考えて日常業務をやってるわけではないので、勘定科目を何にしたら良いのか困ることは多々あります。
勘定科目は基本的にどれを使わないといけないという決まりがないようで、検索をかけてもこれで絶対良いという解はありません。勘定科目はある意味自由度が高く、この自由さが経理処理を困難にさせるのではないかと考えます。
この業種であれば、これが正しい、あるいは、いくつか処理方法はあるが、業種や規模等による統計値的なものがあれば、本当に助かるのにと思います。

 

会計ソフトは特に使用していません。お金の移動が発生したり、物品を購入したり、交通費などが生じた都度、エクセルで把握しておきます。そのエクセルは、複式簿記用に家族が組んでくれたもので、これを使って総勘定元帳と仕訳表を作成することになります。税務関係の仕事をしている家族が仕訳等を毎月月末確認し修正作業の指示を受けます。いわば顧問税理士であり経理代行会社の役割を家族が担い、修正等の作業は私が行います。伝票の管理が最も煩雑なので、できるだけ個人事業主用のクレジットカードをあらゆる決済で利用しエビデンスを残すようにしています。交通費はパスモの履歴で管理するなどして、出来るだけ効率よく作業するよう工夫しています。レシート関係は日付毎にPDF化して現物はファイリングしています。まだ発生する伝票数が少ないのでこのような方法で対応できています。

 

個人事業主、小規模会社に共通して言えるのは、創業してからしばらくは伝票数がとても少ないと考えられます。銀行員だったものとして、経験上、お金でいろいろなトラブルに巻き込まれないためには、まずは自分で経理処理を行ってみることだと思います。それができるのは、創業間もない時期であり、そこを逃せばチャンスはないと思います。事業が軌道に乗り始めてアウトソースする場合のソフトや経理代行会社、ひいては税理士等の専門家の良し悪しを見極める上でも、ぜひ自身でトライしベースの知識を持って頂きたいと思います。

このページの先頭へ